インスタ映えするハイブランドバッグが欲しい

ブランドらしきバッグ

世の中にはさまざまなハイブランドが存在し、老若男女を問わず注目を集めています。ブランド品の多くはファッショナブルなデザインのためインスタ映えするものも数多く存在します。ここでは、ハイブランドバッグにフォーカスをあてて、魅力、世界を代表するハイブランド一覧などを紹介します。

ハイブランドバッグに憧れるその魅力とは

世の中のほとんどの女性はシャネル・プラダ・グッチと言ったハイブランドに魅力を感じているのではないでしょうか?では、憧れのハイブランド、あなたはどんな魅力を感じているでしょうか。

デザイン性が抜群

多くのハイブランドは、ファッショントレンドを意識しつつ、各々のブランド独自の感性でこだわり抜いて仕上げています。そのためダイバーシティなオリジナリティをもった作品が多く、そのデザイン性の高さから芸術的な作品に仕上がっています。カジュアルから、フォーマルシーンなど幅広い場面で楽しめるデザインもあれば、ラグジュアリな高級感漂うものまであります。

ステータスを高められる

ハイブランドの多くは海外のセレブや、有名モデルに愛用されています。セレブや有名モデルが着用しているのと同じものを身に着けることで、優越感や満足感につながり、自分自身のステータスがアップします。また、ステータスアップだけでなく、そのブランドに似合うような人物でありたいという意識も高め、自分磨きのきっかけになります。

品質が高く長年愛用できる

ハイブランド製品は縫製、素材、記事のどれを見ても非常に質が高く、長年愛用するのに最適です。使えば使うほど、素材の味わいが増します。デザインだけでなく、技術者も一流の腕をした製作者を起用しており、ハイブランドとしての誇りと徹底したものづくりへの情熱を感じられます。

世界を代表するハイブランド一覧

1度は持ちたいと思うハイブランドですが、どんなものを選んだらいいのでしょうかここでは、大人の魅力を引き出してくれるハイブランド一覧を紹介します。各々のハイブランドがもつ特徴をとらえて好みのブランドを選んでみてください。

エルメス

エルメスはフランス・パリで創業されました。創業当時は高級馬具店として成功していましたが、自動車の普及により馬具が廃れると判断した経営者がバッグの制作へ方向転換したことを皮切りに腕時計、財布、香水、服装品などのさまざまな分野のデザインと販売を手掛けるようなりました。エルメスのトップラインはバーキンやケリーです。幅広い大人向けのデザインをとりそろえているハイブランドとして多くの女性たちの憧れの的となっています。

ルイ・ヴィトン

エルメスと同じくフランス・パリで創業されたルイ・ヴィトン。創業は、1854年で、当時は旅行用カバンの専門店として営業をしていました。現代では旅行用カバンだけでなく、バッグ、アクセサリーなどの分野の販売を手掛けています。商品にはルイ・ヴィトンの「LV」をマークしたモノグラム柄を使用したものや、茶褐色とベージュの2色を交互に組み合わせたダミエ柄が代表的です。

イブサンローラン

イブサンローランを創業したのは、当時からハイブランドであったディオールの主任デザイナーです。創業は1962年のパリ。イブサンローランでは、バッグなどのだけでなく、香水や化粧人などの商品も展開しています。2019年に販売された、イブサンローラン・ボーテコレクションの「HIGH ON STARS」を限定品としてリリースしました。

シャネル

シャネルが創業されたのはおよそ100年前の1909年。創業をしたのは世界的ファッションデザイナーであるココ・シャネルです。ココ・シャネルは彼女の生涯を描いた映画もあり知らない人はいないのではないのでしょうか。シャネルではバッグなどのアパレル商品のほか化粧品、香水、宝飾品など幅広い分野へ商品展開をしています。

プラダ

プラダが創業されたのは第1次大戦が始まる前の1913年です。創業当初は「プラダ兄弟」という皮革製品を扱っていました。財布や時計、バッグやサングラスなどの服飾品も人気です。プラダのコンセプト「日常をぜいたくに飾る」の名のものとに、扱っている商品には上質な素材のみを使用してつくられています。シックなデザインなものからカラフルなものまでそろえている

バレンシアガ

バレンシアガは創業当初スペインに拠点がありましたが、内戦の影響によりフランスへ移転します。移転後、ディオールと並ぶほどのハイブランドに成長しました。得意分野はバッグアクセサリー、靴、時計などです。人気のある層は20代~30代。シンプル永田高級感のあるブランドです。

グッチ

イタリアの北部に位置するフィレンツェで創業された世界的に有名なハイブランドです。幅広い層に人気があり、アクセサリーや財布などは20代の若者にも人気があります。近年シューズやバッグにウール素材を使用したデザインのものを発表しています。

ロエベ

スペインで創業された革製品で有名なロエベ。当初はバッグやコインケースと言ったレザー製品を扱っていましたが、現在はアパレル製品も手掛けるようになりました。ロエベの特徴は上質の皮素材を使ったモード感漂うスタイルで大人な女性を演出してくれます。

ディオール

フランス・パリで1946年に創業されました。創業当時から高級注文服コレクションを開催し、ぜいたくな素材と美しい女性のシルエットで世界中を驚かせました。その後ファッションブランドとして地位を確立し、トップブランドとして君臨しました。

使っていないブランド品は売る

着用するタイミングやシーズンがずれて、数年に渡って眠らせてしまっているブランド品がある場合、状態が悪くならないうちに買取専門店で 売却を検討するといいでしょう。ブランド品を買い取ってくれるお店はリサイクルショップ、質屋などがありますが、鑑定技術が高い鑑定士が在籍しているブランド買取専門店が一番高く買い取ってくれるでしょう。

ブランドを買取専門店高額買取してもらうコツ

ブランド品を買い取ってもらうのであれば少しでも高く買い取ってもらいたいと思うでしょう。実は、買取テクニックの組合せをすることで、買取価格を格段アップさせることが可能なのです。

クリーニングをする

買取を希望する商品の査定する際の状態が最も買取価格に響きます。そこで、においを消したり、糸のほつれをとったりして、パッと見たときに全体がキレイな状態にします。例えばバッグなら表面から浦底まで全て確認した後に内部汚れも落とすと買取金額の上昇をみこめます。

付属品を必ずつける

購入時についていた箱や商品を包んでいた包装紙、本物と証明するギャランティーカードは必ず添付します。特に近年問題となっているスーパーコピーでないと証明するには必ずギャランティーカードが入っていなければなりません。また、購入したときのレシートを加えると高額買取の対象となります。

専門性の高いお店に持ち込む

ブランド買取において買取店は大きく二つに分かれます。それはブランド名だけで査定をするお店とちゃんと一つひとつ見てくれるお店です。多くのハイブランドは一つひとつ丁寧に職人の手によりつくられているため、でき具合は完成品ごとにさまざまです。できのランクもあるため、ちゃんと一つひとつ見てくれる買取専門店を選びましょう。そうすることで高値で売りやすくなります。
おすすめできる店舗≫ブランド・金・不用品の高価買取なら【エコリング】

まとめ

ハイブランド魅力や種類の紹介をしましたそれだけでなく、買い替えるときのコツも開設。ブランド品の買い替えを考えている人や不用品をできるだけ高く売りたい人は是非試してみてください。