女子力アップ

女子力アップ

最近、ファッション雑誌ではよく「女子力アップ」の記事を目にすると思います。
実際のところ、女子力ってなに?と思っている人もいると思うんですが、
女子力とは「メイクやファッションなどで自分がどれだけ魅力的に見えるか」ということです。

でも、それは男性の目だけを意識したものじゃありません。
昔は男性の目を気にしていたファッションも、最近では同性にどれだけ魅力的に
見てもらえるかが女子力アップには大切なことになっています。

女性は自分以外の女性を敏感にチェックしていたりします。
例えば、可愛い女性がいたら「可愛いな」と思うし、素敵なファッションをしていたら
「自分も真似したいな」と思っていますよね。

逆に異性の目ばかりを気にしすぎている女性って、同姓からは好かれない人が多いんです。
というか、男性の目を意識しても「美人だから許す!」的なとこがある男性では、
本当の女子力アップに繋がらないんですよ。

同姓だからこそのメリット

同姓に好かれる女性は異性からも好かれるという考えから、
同姓の目を気にした女子力アップが注目されているみたいです。

女子力を磨くには、基本的な要素であるオシャレは欠かせませんね。
女子会の良さは、女性だからこそ新しいファッションや小物類にまで
細かく目が行き届いてチェックしてくれるということです。

女性同士のほうが似合う、似合わないなど意見をはっきり言ってくれますしね。
せっかく自分が気に入って購入した洋服もスルーされるよりは気づいてくれる方が
嬉しいはずです。しかも、それで褒めてもらえたら最高ですよね。

でも、これが男性だったらどうでしょうか。
髪の毛を切ったことにすら気づいてもらえないなんてことはザラでしょう。
女子会で女子力を磨きたいなら、女子力が低い女子は呼ばないということが鉄則です。

場の空気が盛り上がらないとうことのほかにも、良くも悪くもそういう女性からも
影響を受けてしまいます。努力があってこそ女子力は上がるものですから、
そういう人と一緒にいると女子力をあげたいという気持ちが低下してしまいます。

ファッション雑誌で言われる女子力は基本的に見た目についてですが、
女子力アップはなにも美容やファッションなど外見だけを磨くことじゃないんです。

問題は中身ですね。
女子力アップと言う言葉を、そこまで意識して使っていない人もたくさんいます。

例えば、「コラーゲン鍋食べたから女子力アップした」とか。ま
あ、意味のない会話を楽しむ程度ならいいですが、本気の女子力アップを考えるなら
そんなことでは女子力はあがりません。

同姓に好かれる女性って、要は外見だけじゃないってことです。
気配りができる、思いやりがある、下品じゃないなど、人として好かれる人のことですね。

女子会で考える女子力アップとは、異性よりも同姓を対称にして女子力を磨くということ。
外も内も自分磨きをするということが女子力アップの秘訣です。
しかも、女子力を磨けば、自然と恋愛力だってアップしますよ!